爆破速攻トリプルA

前回undead_princessが示したカビゴンパーティの問題について、
汎用性のある低レベルの寝言ポケモンを入れるのは難しい*1と思うが、
腹太鼓カビゴンマルマインの形ならまだ進展の余地があると思うので自分なりに挑戦してみた。
と言うのは、カビゴンが苦手であるガラガラや格闘、ナッシー、55ファイヤーあたりに対して有利の付く*2破壊の遺伝子ケンタロスとWAを組ませるのが相性が良いと思い、
ケンタロスならばマルマインとも非常に相性が良く、
またカビゴンパーティから見てもパルシェンも入りやすいため、ケンタロスセットを自然な形で入れることが出来ると考えたからである。

55 カビゴン 恩返し 地震 腹太鼓 眠る 薄荷の実
55 ケンタロス 捨て身タックル 地震 大文字 破壊光線 破壊の遺伝子
50 マルマイン 10万ボルト 電磁波 リフレクター 大爆発 奇跡の実
50 パルシェン 冷凍ビーム 撒き菱 鈍い 大爆発 麻痺治しの実

ここから組み始めた。残りの枠では対カビゴンパーティ対策*3、素早い身代わり*4対策、どくどく守るエアームド対策、フシギバナ対策、格闘流しあたりを埋めるべく、色々模索したが、
実戦しているとこのパーティは寧ろケンタロスの選出の方が圧倒的に多く、ケンタロスありきのパーティになっており、
気付いたらカビゴンの枠はカビゴンである必要が無かった。

ケンタロスセットの部分は非常に強いと実戦でも痛感したので、そこから再び組み直したら、このような結果になった。*5

55 ケンタロス 捨て身タックル 地震 大文字 破壊光線 破壊の遺伝子
50 マルマイン 10万ボルト リフレクター 光の壁 大爆発 奇跡の実
50 パルシェン 冷凍ビーム 撒き菱 鈍い 大爆発 麻痺治しの実
55 ガラガラ ホネブーメラン 岩雪崩 大文字 剣の舞 太いホネ
55 サンダー 10万ボルト 吹き飛ばし 眠る めざ氷 薄荷の実
50 カビゴン 捨て身タックル 地震 鈍い 自爆 食べ残し

これはまさに蟹杯2でmarioさんが使用して優勝し、現在レンタルにも追加されているパーティほぼそのままである。
結局、このパーティの完成度の高さを2ヵ月越しで分からされることとなった。
細部は異なるとしても、現環境で最強のコンセプトのパーティだと筆者は思っている。*6
以下はこのパーティの個別解説であるが、ほとんどmarioさんのパーティを改めて詳しく解説すると同時に絶賛する内容と思って頂いて良い。

地震の枠は、ツボツボとプテラに強いアイアンテールにすることも考えたが、
アイアンテールにするとゲンガーに耐えられて爆破や黒い霧を喰らう危険性があるほか、ハガネールに非常に弱くなってしまう*7というデメリットがあり、
それに比べたらツボツボとプテラは少し汎用性が落ちるほか、万が一使われても後述のガラガラで対策出来るということで、地震に落ち着いた。
また、この型のケンタロスはどくどく守るエアームドとのタイマンでは不利を付けられてしまう。
それを回避すべく大文字の枠を眠るに変更することも考えたが、そうすると今度は鈍いエアームドに負けることとなり、
眠るは対どくどくエアームドぐらいでしか使う所が無いと判断したので大文字のままに留まった。

カビゴンケンタロスWAの形では、カビゴンをサポートするために電磁波を持たせていたが、
その必要が無くなったので、ケンタロスと相性の良いダブル壁という形を取ることが出来る。
後述のガラガラとの相性について、ガラガラニドキングWAマルマインではリフレクターを採用していないが、
電磁波とどちらにするか迷っていたほどのメリットはあり、
具体的には相手の爆破対策や、対ケンタロス、対55カビゴン等でリフレクターは活きる。
今更なことかも知れないが、
一般に爆破速攻*8は素早い身代わり持ちには爆破を決めにくく弱くなりがちという弱点を抱えやすいが、
マルマインだけは別格で、それを更に上回る素早さから好きな行動を取れるというのが、
爆破速攻パーティにおいて最重要な位置を占めている理由のひとつだと改めて思った。

ケンタロスセットの記事で触れたように、黄金の実はさほど必要ではなく、
カビゴンののしかかりや電磁砲を対策した方が良いと考えたので麻痺治しの実を持たせている。
このパーティにおいてパルシェンの鈍いは非常に重要で、一般にこのような爆破速攻中心の尖ったパーティではカビゴンに鈍いを積まれるだけで苦しくなることが多いのに対し、
その鈍いカビゴンを後出しから対処出来るというのは、リフレクターなど他の技のメリットとは比べ物にならないほど大きい。
他には、地味ながらスイクンのようなポケモンと対峙した時に、鈍いを1回積んで確実に道連れ出来るという効果もある。

以上はケンタロスセットそのもので、ここから穴埋めを行う。

  • ガラガラ

真っ先に対策を考える必要があるのが高レベルの身代わりサンダース。ケンタロスセットでは見事に3匹とも詰んでいる。*9
他にも、マルマインで一旦流せるとは言え身代わりフーディンにはあまり強くなく、55鈍いカビゴンにも確実に勝てるポケモンが欲しい。
これらを埋めてくれるのは他でもない、ガラガラだった。
ケンタロスパルシェンの苦手な素早い身代わり持ち全般に対して見事に強く、
その上図らずも自動的にマルマイン+ガラガラの形を取ることができ、
挙句の果てにはケンタロスの苦手なツボツボとプテラにも自動的に強くなっているのが、奇跡と言える相性である。
そして、ここまでの4枠はコストの低い道具で済んでいるため、残り2枠に食べ残しと薄荷の実が余っている。
なお、3つ目の攻撃技に関してだが、前述の通りこのパーティはどくどく守るエアームドに弱めな傾向があるため、
そこに有利を取れる大文字とした。目覚めるパワー蟲でナッシーを倒せるメリットに比べたら大きいと判断。

現状、ここまでは爆破速攻ケンタロスパーティにおいて鉄板だと思っている。
出来ることならガラガラをLv.50に下げたいが、55フーディンと55カビゴンにタイマンで勝つにはLv.55が必要。

  • サンダー

ここまでの弱点として、ガラガラでも埋めきれないあやみがスターミー*10
それから地味ながらカイリューにも弱めということに、実戦していて気付いた。
カイリューケンタロスの破壊光線を高めの確率で耐え、撒き菱を踏まず、
パルシェンを先制雷一撃で出オチさせることができ、マルマインも捨て身タックル2発で倒せる。
このあたりのカバーに加え、エアームド等を出汁に出来るのが昆布型サンダーである。
サポメンによってはもちろん55カビゴン相手に選出しても有利を取れる場合があるだろう。
ケンタロス・ガラガラと速攻系が中心である中、パルシェン+サンダー昆布という別の抜き筋があることによって、
より一層このパーティを対策しがたい形にしている。

マルマインパルシェンでは不安が残る特殊に対して壁になり、
パルシェン以上に爆破で道連れを決めやすく、相手のカビゴンの起点にされず、
地震によってゴーストを受けることが出来るのが自爆カビゴン
また、一般的な爆破速攻対策として、爆破ポケモンが短命であることを利用してリフレクターで時間を稼ぐというものがあるが、
このカビゴンは鈍いによってそれを阻止し、相手のリフレクターパルシェン等はカモることが出来る。
マルマインの壁爆破からこの鈍いカビゴンで決定力を出すということも可能であり、
相手にしたら爆破速攻対策に加えて通常の鈍いカビゴンも対策しなければならないようなもので、非常に厄介な存在である。
前述の道具の余裕により、食べ残しを無理なく持たせることができ、
それによって55カビゴンの身代わりを1発で壊せる捨て身タックルを無理なく持たせることが出来る。
また、このパーティではガラガラとサンダーは同時選出出来ないものの、
以前筆者が強いと評価していたこちらの記事の組み合わせのような要素も、これまた自然と入っている。
甘えるブラッキーに弱めな気がするので鈍いを腹太鼓にする線もあるかも知れない。
ここまでで若干辛いフシギバナに対しては、それなりのターン粘ることが出来るため、
カビゴンに寝てもらい、サンダーで昆布する等という対策が一応取れる。
もしこのパーティを対策するなら、このフシギバナあたりがキーになる気はする。


以上。
下の2枠については、以前水野が提案したしけばくの派生型である、

Lv.50 ナッシー めざ草/眠り粉/痺れ粉/自爆@先制のツメ*11

このようなナッシーや、カビゴン流し・格闘流し・ケンタロスミラー対策・コンボ封じ等を幅広く担当出来るどくどく守るエアームドを入れることも考えた。
特にしけばくに関しては、破壊の遺伝子ケンタロスと組ませる場合「ケンタロスが起点の前で1ターンもらう」というメリットは非常に大きく、*12
ガラガラ等と組ませる以上に強さを発揮出来ると思うのだが、
結局最終的には上記のサンダーとカビゴンの強さには劣ると判断した。


城でも既に幾度となく話題に上がっているが、今後の対戦環境に求められる大きな課題のひとつとして、このパーティへの対策が挙げられるのではないだろうか。

*1:キングドラがやや流行っているが、肝心のナッシーに弱い

*2:相性関係が微妙であるバンギラスにもキラーレベルで刺さる

*3:鈍いを積むノーマルのようなポケモンが良い

*4:あやみが悪夢スターミー、メロみがフーディン、高レベル身代わりサンダース

*5:並び順が汚いが、考え付いた順である。

*6:これはundead_princessも同様の見解である。

*7:Lv.50食べ残しハガネールに大文字を7割程度の確率で2回耐えられる

*8:カビゴン、ナッシー、パルシェン

*9:マルマインが先制されてしまうというのがポイント

*10:マルマインで流すことは出来るが、電磁波が無いので流す力が少し弱い

*11:あやみがスターミー対策

*12:もちろんマルマインで既にそれを実現出来ているが、性質の違った他の駒があるに越したことは無い。具体的に言うと、眠り粉をかけてケンタロスを出すというのは壁以上に強力になる可能性が充分にある。